【閲覧注意】【ダイスと安価】ウマネストETD編Part4
1 : お姉さま   2024/01/30 01:11:51 ID:KF3s0gxDeI
知らん間にpart3乾燥してたので4です
https://umabbs.com/patio.cgi?read=10278&log=past&res=1000
↑part1大半のルールあります

https://umabbs.com/patio.cgi?read=11449&log=past&res=1000
↑part2です、ある程度更新入れてます

https://umabbs.com/patio.cgi?read=13692&log=past&res=1000
↑Part3です、1001のおかげでこの世の全てが全て夢オチです。

現在はなんだかんだで39人と理事長が犠牲者となっています。とりあえずこんな時間なので安価だけとって朝以降にまた書き始めていきます。
よろしくお願いします。
って訳で40人目の犠牲者は>>5
……4…………?
49 : お兄ちゃん   2024/02/10 19:42:45 ID:ksA2cL15o.
行動不能+ダメージ連発ハメとか危険な花びらとか魔王モトかな?
50 : お前   2024/02/12 02:01:42 ID:djRjSc6/FI
あれ?
ウララちゃんが最大ダメが出しても7しか通らないなら、もう勝ち目が・・・。
むしろさっきの決意による攻撃力アップ無かった方が逃走判定が出るし生存の目があったまである?
51 : トレぴっぴ   2024/02/12 04:03:28 ID:maDsSNMyK2
>>50
いや、タコの仕様で逃げられないからもう・・・。
52 : アナタ   2024/02/12 11:50:29 ID:PcG3lmM1lg
ハルウララ……は行動不能!!

「ふぁ…っ♡!はぁっ…♡はぁっ…♡」
ハルウララは自分で自分の体を動かすことが出来ないでいた。身動きが取れない、という訳では無い。無理矢理とはいえ発情させられてしまい、そして本能から来る体の動きが彼女が本能から欲していることをしてしまい意志の元、理性による行動が一切出来ないでいた。

(こ、こ…指…入れたら……♡)

「ふぁっ…♡!ひっ…♡!ぁ…♡!」
そして、高まりつつある情欲は彼女に『直接触る』という行為を促していく。理性がない訳では無い、知識がない訳では無い。だがそれでも強烈な生物の本能にハルウララでさえも抗う術は無いのだ。
53 : トレーナーさま   2024/02/12 12:12:22 ID:PcG3lmM1lg
大ダコの攻撃!攻撃値74-防御力61=13
ハルウララに13の快楽値ダメージ!
ハルウララHP0快楽値79

「ひうっ♡!?」
『試しに』と言わんばかりに、タコは墨ではなく触手をハルウララに差し向ける。そして、器用に吸盤をハルウララの胸に押し当て…くっついたと感じた瞬間に引っ張った。

「あ゙っ♡!!」
くっついたのはハルウララの胸の突起であった。ハルウララはかなり強く胸を引っ張られてしまい……それでもなお、快楽を得ていた。強く引っ張られているハルウララの胸は無理やりに伸ばされており、当然痛いはずである。だが、その痛みさえも…彼女は気持ちいいと感じていたのであった。

54 : モルモット君   2024/02/12 12:21:55 ID:PcG3lmM1lg
ハルウララの攻撃!
攻撃値35-防御力57=0、攻撃値58-防御力57=1
大ダコに1のダメージ!防御力ダウンは0!(切り捨てのため)

「はぁはぁ…♡!あぐっ…♡!」
墨がたて続けで出されなかったおかげか、触手で軽く吸われて強い快楽を得てしまったためか。少しだけ理性を取り戻したハルウララは、せめてもの抵抗として噛み付いていた。だが、それで与えられたダメージはほんの少しだけであり、もはや抵抗が抵抗に値しない程であった。せいぜいが、子猫の抵抗程度だろう。
『問題ない』と判断した大ダコはハルウララが既にほとんどダメになっていることを察し、さらなる攻めを続けようのするのであった。

55 : お兄ちゃん   2024/02/12 12:44:35 ID:4dNxfC2/OM
大ダコの攻撃!攻撃値82-防御力61=21
ハルウララに21の快楽値ダメージ!ハルウララHP0快楽値100

「んおおおおおっっっっ♡♡♡♡!!?」
大ダコはハルウララの服を破いていき、前の穴を完全に露出させていく。むき出しになったそこを見て、8本の内の1本を…一気にねじ込んだ。くっつかないように先っぽには吸盤が着いていない足だったが、それはタコ同士の話。ハルウララの奥の部屋までぶち込まれたそれは、彼女の前の穴をくっついては離し、くっついては離しを繰り返しながらいきなり激しく犯していく。

「いぎぎぎぎぎぎッッッッッッ♡!!!?!?!?」
そして、器用にも根元の吸盤で股の突起を同じように吸い上げた。最早胸の突起と同じように伸びて戻らなくなってしまうんじゃないか…と思われる程に勢いよく吸い上げられている突起に、ハルウララはさらなる快楽を感じていた。

「ま゙ッッッッ♡♡♡♡!!あ゙ッッッッ♡♡!!」 ハルウララの中で、ブチッと何かが切れたような感覚があった。脳が傷ついた…と言うほど重大な物では無い。しかし、それはある意味ではハルウララの終わりを示していた。
理性だったかもしれない、思考だったかもしれない。ハルウララ足り得る何かを今彼女は1つ無理やりにでも潰されたかのような感覚であった。

56 : お姉ちゃん   2024/02/12 12:45:29 ID:4dNxfC2/OM
「お゙ッッ♡♡♡!!ん゙お゙お゙お゙ッッッッ♡♡♡♡!!」
彼女が終わり、タコのメスへと堕とされたハルウララは無様な悦びをあげていた。友を救うと決めたはずにも関わらず、それを忘れて人外に犯される快楽で悦んで蕩けてしまっていた。

「お゙ッ♡!ぎっ♡!ンギッ♡♡!あ゙ッッ♡♡♡!!あ゙ー…ッッッ♡♡♡!!」
がくがくと震え、何かが股から漏れていく。だが達した事による噴き出しがそれを上書きしてしまい、彼女は漏らし放題の状態へとなっていた。それでさえも、ハルウララ吐きにする余裕が出来ていなかった。

「お゙ッッッ…………♡♡♡♡!!あ゙っっっっっ…………♡!!!」
意識が飛び、声を出す事も無くなり…白目を向いたまま彼女の快楽は好調に上がっていく。気絶していながらも、体は与えられる快楽に対して絶頂を覚える。『こうされたら達してしまう』を体で覚えさせていく。恐らく将来は好きな人が出来て、好きなことをして、そして過ごしていったであろう彼女は最早まともなことでは満足出来ない体へと変えられてしまったのだ。
57 : トレーナーさま   2024/02/12 12:45:36 ID:4dNxfC2/OM
「ッッッッッッ……♡!!!!!!」
腰が浮き、再び噴き出す。もはや彼女にも数えられないほど、気にしていられないほどに絶頂は繰り返される。意識が無くとも体が覚える。覚えた快楽は基準となり彼女の中に浸透していく。天真爛漫な少女は汚しに汚されてしまい、もはや面影は存在しない。

「━━━━ッッッッッッッッお゙お゙お゙お゙お゙お゙お゙お゙お゙お゙お゙お゙お゙♡♡♡♡♡♡♡!!!?!!!!?!?!」
意識を取り戻す。そして同時に達しながら達する。脳がぱちぱちと弾けダメになっていく快楽を味わっていく。その最中にも段々と大ダコの攻めは激しくなっていく。恐らく限界が近いのだろう。ハルウララはそれさえも気にする事はなく、ただただ受け入れるだけである。そして強く、早く、激しくなっていく大ダコはその頂点の絶頂を━━━━━━━

「ひぎゅううううううううううう♡♡♡♡♡♡♡♡♡!!!!!」
ハルウララの中に、浴びせていた。大量に出されたものはハルウララから零れ落ちていき、その欲の強さを表すかのように大量に出ていた。あまりの衝撃にハルウララは再び意識を失ってしまうが、大ダコにとってはなんら問題ない。
そのまま彼女が逃げ出せないようにするだけだ。そう考えた大ダコは……ハルウララを自らの巣へと持ち帰るのであった。
58 : トレーナー君   2024/02/12 12:45:52 ID:4dNxfC2/OM
BADEND
59 : アナタ   2024/02/12 12:49:49 ID:GVduZt9Q5w
イッたか……
60 : キミ   2024/02/12 13:21:22 ID:jhZSNfZzW6
>大ダコはハルウララの服を破いていき、前の穴を完全に露出させていく。

こう言う場面が一番興奮する
61 : お前   2024/02/12 13:50:39 ID:48Z00Zywf.
>>60
分かるマン
62 : アネゴ   2024/02/12 18:46:57 ID:owC9MGwwxQ
何気に丁度100ぴったりで終わるの救いあり編含めても今回が初じゃない?
63 : 大将   2024/02/14 12:32:29 ID:RWxjcg3qho
ここは大ダコの巣の中。大ダコは捕まえた雌に自分の種を植え付け卵の安全な殻兼母体として機能させる種であるようだ。そして、卵で外に露出することはなく、母体の中で孵化して子供たちが産み落とされていく。その為に、時間をかけさえすれば再生の目処がある吸盤を使って雌達を壁に固定していく。それだけすれば後はただ雌が子を産み落とす機械となる。無論、雌の精神状態は大ダコにとってはなんら関係がないのだが。

「お゙ぅ゙ッッ♡♡!ん゙ぉ゙ッッッ♡♡♡!!」
ハルウララ…そんな生物に彼女は捕まっていた。勿論、言わずもがな彼女は大ダコの子を産み落とす機械と成り果てていた。だが、気持ちよさそうな顔は彼女の天真爛漫さを知っている者達からすれば恐らく信じ難い程の状況だろう。

「はっ…♡!あ゙ッッ♡♡♡!!!」
大ダコのモノを受け止め、中に放たれ…そして中で大量の子を成しているハルウララの腹部はすっかりと大きくなってしまっていた。だがそれでもなおより子を産み落とさせたい大ダコは更に追加でハルウララに放っていく。
64 : トレぴっぴ   2024/02/14 12:32:52 ID:RWxjcg3qho
「お゙な゙、がァ゙……♡♡♡♡!!」
胸以上に、ハルウララの腹が突かれた衝撃で前後する。それだけ沢山の子を成しているから…と言いたいところだが、それを突っ込める程の気力はハルウララには存在していない。

「お゙ッッッッ…………♡♡♡♡!!!!!!」
そして、また中に放たれる。だらしなく舌を出して、ドロドロになってしまっているハルウララ。彼女は出されたと同時に大きく達してしまい、腰を浮かせてその絶頂を体感していた。

「ばァ゙ッ…………♡!ばァ…………ッ♡♡♡!!」
がくがくと震えながら、卵のせいでほとんど入り切らなかった情欲の証がダラダラとハルウララの太ももを垂れていく。その僅かな感覚すら、ハルウララには心地いいものとなっていた。

「ゔッ…♡♡♡!!?」
腹の中に圧迫感を感じるハルウララ。ほんの少し、本当に僅かな少しだけなのだが彼女の腹の中で『何か』が動いた。無論、それは中にある大ダコとの子である。

「ま゙ッッッ♡♡♡♡♡♡!で゙な゙い゙……れ゙え゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡!!!!!!」
静止…が聞くわけも無いが、そもそも静止を言い終える前に彼女の股から大量の大ダコが放たれる。だが、本来は痛みを伴うであろうその行為で彼女は達していた。そして、本来彼女から出るべきでないものを目にしたことで……彼女の心のどこかに、大きなヒビが入る。
65 : お前   2024/02/14 12:32:56 ID:RWxjcg3qho
「あ゙ッ♡♡♡♡♡♡!!!!お゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙♡♡♡♡♡♡!!!!」
出ていったこと、その余韻…それ以外にも様々な理由はあるが、ハルウララは絶頂に絶頂を重ねていた。彼女ですら目を背けたい事実から、入った心のヒビに快楽が金継ぎのように溶け込んでいき依存させていく。

「あ゙ー………ッッッ♡♡♡♡!ご、れ゙……ずごぃ゙…よ゙ぉ゙……♡」
生み出した快楽は、彼女の心を蝕む。友を助けようと覚悟を決めたはずにもかかわらず、その覚悟と記憶、感情は快楽で潰されていく。快楽という津波によって理性も流されてしまい、ハルウララが『ただの雌』へと変貌していく。

「え゙べ…♡お゙……♡ん゙ぉ゙ッッッ♡♡♡!!?!?」
産み落とされたのを確認してから、大ダコは再びハルウララの中へとその触手を入れて犯していく。また新しい子を産み落とさせるために、必要なことなのである。
だが、ハルウララにはそんな必要不必要関係なく…ただ出される快楽を受け入れていくだけだ。

「お゙ぁ゙ッッ♡♡!!い゙ぎッッッ♡♡♡♡!ん゙べえ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡!!!!」
勝ち負け知らずのポジティブチャレンジャー。勝っても負けても楽しめる彼女が辿り着いたは勝敗のないただの快楽。だが、ハルウララとしてでなくただ1人の『雌』として悦んでいる彼女は…余りにも、幸せそうであった。故に、それはそれとして…彼女は恐らく幸せになっているのだろう。

BADEND40初桜ノ木奪イシ悪魔ノ魚
66 : トレーナーさま   2024/02/14 12:34:54 ID:RWxjcg3qho
ハッピーバレンタインです。それはそれとして特に関係ないタコとの絡みでしたハルウララ編です。
100ピッタリは初めてでしたね、まぁ特に何も無いんですけど……

さて次の犠牲者は>>71
67 : 相棒   2024/02/14 13:59:53 ID:rOsAYLW0rg
救いのあった頃は触手と、そして今回は大ダコのお相手と・・・ふぅ
結構なお点前でした
68 : トレ公   2024/02/14 17:48:36 ID:84zcK8or42
ksk

そろそろ、天空エリアにも堕ちる子が欲しいな・・・今天空エリアが1番空気なんや・・・。

もちろん、1番最初の堕ちる子はヤマニンゼファーで。

まあ、それも運次第だが・・・。
69 : トレ公   2024/02/14 18:17:39 ID:ljg31AOjYk
ksk
70 : トレぴっぴ   2024/02/14 18:32:32 ID:84zcK8or42
ksk

さて、次は誰かな?

・・・というか、全員堕としできるのか・・・?
71 : お兄ちゃん   2024/02/14 18:32:54 ID:SBT57ZIAYM
ヒシアマ姐さん
72 : アナタ   2024/02/14 18:33:00 ID:epkiRXSwFU
ゼファーで
73 : 使い魔   2024/02/14 18:35:25 ID:84zcK8or42
>>71
41人目はヒシアマゾン!!

まさか、寮長2人全滅とは・・・。

ヒシアマゾンはどんな堕ちかたをするのだろう・・・。
74 : 大将   2024/02/14 20:57:45 ID:TGCFOqFcgQ
罠にかかって動けないところを襲われてほしい
75 : あなた   2024/02/14 21:03:56 ID:3w3nEaaCVg
>>70
エミュが難しい子達はどうだろう…
76 : トレピッピ   2024/02/14 21:07:18 ID:84zcK8or42
>>75
まあ、全員書くかはETDの作者に任せるのもいいと思う。

最近一気に新規のウマ娘増えてきたから、全員は難しいと思うし・・・。
77 : トレピッピ   2024/02/15 01:58:46 ID:y0/6efIFTQ
41人目の犠牲者はヒシアマゾンに決まりました。以下ステ
HP95攻撃力18防御力98

78 : セリフ忘れてたのでこっちに   2024/02/15 02:01:07 ID:y0/6efIFTQ
「ヒシアマゾンだ!タイマンならいつでも受けて立つよ!」
武器は盾になりました。以下最終ステータス
HP95攻撃力18防御力148ダメージ反射

「いいね!使いやすそうだ!」
エリアは洞窟エリアになりました。ではヒシアマゾンのETDスタートです

79 : 貴方   2024/02/15 02:53:47 ID:hpHzNj4LQw
逃走とカウンター撃破両方狙えるステで草
逃走失敗時の判定が攻撃→特殊技なら反射で倒せれば特殊技受けないのでは…?
80 : トレ公   2024/02/15 05:09:31 ID:JV.ti33B8I
まためちゃくちゃなステで草。

ただ割と強いという・・・。
81 : アンタ   2024/02/15 07:58:13 ID:S/K.3B1efY
盾使いとしては理想的なステ、というかほぼ最大値じゃないかこれ
まあ過去のクソ強盾使いって雑魚に無双してたらボスにやられたり特殊エリアでボスラッシュの末に堕とされたりと散々なんですけどね
82 : アナタ   2024/02/15 11:51:49 ID:c04twBPa6Y
1ターン目
「早速お出ましかい!」
スライムが現れた!次レスでステ

83 : トレぴっぴ   2024/02/15 11:54:43 ID:c04twBPa6Y
HP95攻撃力92防御力75

「……今忙しいんでね!構ってる暇なんてないから通らせてもらうよ!」
逃走ロール発動!1D100で50以下なら成功!51以上なら通常攻撃と特殊攻撃の2つを受けるぞ!

84 : トレーナー   2024/02/15 12:15:23 ID:c04twBPa6Y
ヒシアマゾンは逃げ出した!しかし失敗した!
スライムの攻撃!攻撃値25-防御力148=-123
スライムに123の反射ダメージ!スライムを倒した!

「やっぱり追いかけてくるのかい…!なら、タイマンだよ!!!」
スライムの傍をすぐさま通り抜けたヒシアマゾン。しかし、スライムはヒシアマゾンを追いかけようと一気に飛び掛る。そこを、ヒシアマゾンは狙っていた。

「甘いねぇ…!はっ!!」
スライムがヒシアマゾンの体を覆うために飛び掛り、その体を薄く広げた瞬間…ヒシアマゾンは一気に盾を奮った。横凪に面で振られた盾はスライムの体をありったけ削っていき、スライムのどこにあるか分かりづらい核をたたきつぶしていた。

「…今度は、隙を見せないようにするんだね」
そうして、カウンター先方によりヒシアマゾンは勝てたのであった。

85 : お兄さま   2024/02/15 12:18:23 ID:S/K.3B1efY
クソ強スライム来た!と思ったら反射でワンパンだと……
86 : マスター   2024/02/15 18:14:01 ID:JV.ti33B8I
>>85
攻撃力は弱いけど防御は高い+盾だから、戦うのはきつくないのだ。

下手するとボスと罠以外あまり苦戦しないかもしれないのだ。
87 : 大将   2024/02/16 13:01:22 ID:nlpTLLtrdU
進化体でも通常攻撃では125が限界だから真向勝負では絶対に勝てないな
88 : トレーナー   2024/02/16 13:36:46 ID:.EULYHoQB6
まさにタイマン最強
89 : キルレ高いんだよなぁこのエリア   2024/02/17 10:22:33 ID:XE8x/TvYkM
2ターン目
「お、これが移動用の扉かい!」
洞窟エリア→人間牧場エリア

90 : お姉ちゃん   2024/02/17 11:46:30 ID:XE8x/TvYkM
3ターン目
「なんだか悪趣味な場所…をぉッ!?」
壁尻トラップだ!探索ロールで出した数値÷10ターンの間拘束!その間1D100して51以上でモンスター出現!
尚、身動きが取れないため攻撃は出来ない!(のと反射なし)
今回は6ターンの間拘束!

「洒落臭いねぇ…!直ぐにこんなの…!あれ、い…意外と丈夫…!?」
拘束具をガチャガチャと動かして壊そうと抵抗しているヒシアマゾン。だが、その抵抗はあまり意味を成していないのか無慈悲な音が響くだけなのである。

91 : 使い魔   2024/02/17 11:55:02 ID:XE8x/TvYkM
4ターン目(拘束1ターン目)
「こ、こんなときに…!動けないのに…!」
執行人が現れた!次レスでステ

92 : トレーナーさん   2024/02/17 11:56:53 ID:XE8x/TvYkM
HP53攻撃力99防御力14
「こんなのが無かったらさっさと先に行くのにねぇ…!」

次レスから戦闘開始
逃走ロールは今は使えないぞ!

93 : マスター   2024/02/17 12:00:41 ID:Cd7FtH.0oo
攻撃力18に対して防御力14だからどっちみち逃げられねぇ!
……いや、そんな都合よく極端なステあるか?
94 : なんで極端なんでしょうねほんと   2024/02/17 12:05:55 ID:XE8x/TvYkM
5ターン目(拘束2ターン目)
「このっ、このっ…!」
ガチャガチャと諦めず動かし続けるヒシアマゾン。その成果もあるのか、段々と緩んできている……ような気がしていた。幸いなことに、あまりモンスターが寄らない位置なのか今来ている一体のみで追加は姿を現していなかった。

95 : あなた   2024/02/17 12:16:02 ID:XE8x/TvYkM
執行人の攻撃!
攻撃値55-防御力148=0(身動きが取れず反射できないため)

「触るんじゃないよ!!」
執行人がヒシアマゾンの肌に触れた瞬間、ヒシアマゾンはまるで威嚇するかのごとく体を動かして抵抗する。あまりの激しい抵抗に執行人は触れた手を弾かれてしまい、全く触れられないのであった。

96 : アンタ   2024/02/18 11:53:05 ID:mXvu5Lw3Fc
6ターン目(拘束3ターン目)
「くっ、早くこんなの壊さないと…!」
より1層激しく暴れるヒシアマゾン。彼女は気づいていないが、段々と、彼女を縛る拘束具が外れて壊れかかっていた。もうしばらく暴れていれば、おそらく破壊は可能だろう。
懸念点があるとすれば…彼女にそれができるほどの時間があるのかが、不明な所である。

97 : アナタ   2024/02/18 11:54:29 ID:BqYLpHaGAI
壁尻…ゴクリ…
98 : モルモット君   2024/02/18 11:58:59 ID:aPme8PsfJE
>>97
割とステが高かったキタちゃんも堕とした壁尻だぜ!!

・・・まあ、キタちゃんはほぼ敵しか来なかったけど。
99 : ダンナ   2024/02/18 12:13:25 ID:mXvu5Lw3Fc
執行人の自傷陵辱攻撃!防御無視の1D100の快楽値ダメージ!
ヒシアマゾンに64の快楽値ダメージ!
ヒシアマゾン快楽値64

「ぐっ!?」
ヒシアマゾンの抵抗に鬱陶しさを感じ、イラついたのか。はたまたさっさと終わらせたいのか。どちらかは分からないが、執行人はヒシアマゾンの頭を上から拳骨のように殴りつけた。

「いっ…たい、ねぇ…そんな、に…暴れ、られ…ちょ……どこ、触って…んんっ…♡!?」
殴り、暴れなくなったのを確認してから執行人はヒシアマゾンの服の内側に手を入れて胸を貪るようにいじり始める。そのテクニックは、触られることを嫌だと認識していて、尚且つ『そういう気分』ではないハズのヒシアマゾンの性に火をつけようとしていた。

「なん…ッ♡!こん、な…ッ♡!」
胸の突起はすぐに大きくされてしまい、そこをいじられながらも、ヒシアマゾンの胸を執行人はねっとりと的確に触っていく。力を込めすぎないように優しく、しかし時折強く攻めるその動きにヒシアマゾンはあっという間に蕩けさせられていた。

100 : ダンナ   2024/02/18 12:21:44 ID:aPme8PsfJE
>>99
こいつ頭いいな、快楽値攻撃で責めるか。
101 : キミ   2024/02/18 12:28:24 ID:mXvu5Lw3Fc
7ターン目(拘束4ターン目)
「んっ♡!あっ…♡!ッ…♡!?」
(後ろ、に…誰か…♡?)
ヒシアマゾンは、自らの下半身側…見えてはいないが誰かがいることを察していた。だが、こんなところに現れるのはプレイヤーの可能性は低いと、快楽が入りつつある頭で考えていた。
その考えは当たっていた…ヒシアマゾンの後ろにいるのは…モンスターなのだから。

モンスターが現れた!進化体なので処刑人が現れた!
次レスでステ

102 : トレーナー君   2024/02/18 12:32:32 ID:mXvu5Lw3Fc
HP75攻撃力78防御力16
進化体なので+25!
最終ステータスHP100攻撃力103防御力41

「ううっ♡!あっ♡!や、めっ…♡!」
次のターンから行動開始

103 : お姉ちゃん   2024/02/18 12:35:01 ID:aPme8PsfJE
>>102
このステでも特殊攻撃しかダメージを与えられないとか、マ?
104 : トレーナー君   2024/02/18 12:36:16 ID:BqYLpHaGAI
やはり壁尻からは逃れられない……ウッ
105 : トレピッピ   2024/02/18 12:38:38 ID:8301jUEHnQ
アマさんの壁尻とかぶち犯すしかないだろ!💢
106 : ダンナ   2024/02/18 12:56:05 ID:BqYLpHaGAI
H89だからな……
107 : お兄さま   2024/02/18 13:47:23 ID:AM9S2sGjEQ
>>106
しかもあんなナリとキャラで『妹』だぞ
きっとアマさんの兄(もしくは姉)は前世で世界を救った英雄なのかもしれない
108 : トレーナー君   2024/02/18 17:09:45 ID:bpbZP.oetQ
罠……処刑人……これはキタサトルートか?(ダイヤちゃんは三角木馬だったからちょっと違うけど)
109 : 貴方   2024/02/18 17:54:59 ID:LIDhN3r/XM
やはり行動制限系のトラップは凶悪
110 : トレーナー君   2024/02/19 12:08:35 ID:LYoUVvInAw
執行人の攻撃!
攻撃値55-防御力148=0(身動きが取れず反射できないため)

「こん、のォッッッ……♡!!ふんっっ!!!」
ヒシアマゾンは感じながらも、ふらつく頭を無理やり動かして執行人の腕に頭突きを入れる。執行人はそれのせいか離してしまい、頭突きをされた腕を抑えていた。

「はぁっ…はぁっ…動けない相手に、することじゃないよッ…!」
だが、敵はもう一人いる。頭を殴られた上に、体を触られて疲弊しているヒシアマゾンが耐え切る確率は…かなり低いだろう。

111 : 貴方   2024/02/19 12:13:46 ID:LYoUVvInAw
処刑人の攻撃!
攻撃値33-防御力148=0(身動きが取れず反射できないため)

「こん、のぉ…!」
必死に足をばたつかせ、近づけないとするヒシアマゾン。後ろが全く見えない以上、適当に激しく動かすしかないのだ。だが、見えない以上全体的に動かす必要があり、全体的に激しく動かす以上体力の消耗も激しい。加えて、この圧倒的窮地に追いやられた状態もあり…ヒシアマゾンの抵抗も体力を必要以上に削っているだけとなっているのであった。

112 : 大将   2024/02/19 12:25:39 ID:LYoUVvInAw
8ターン目(拘束5ターン目)
「っ…!?また、増えて…」
ヒシアマゾンの前からさらに一人追加で現れる。目の前に元々居た執行人と同じ姿、どう考えても同型のモンスターなのは明白である。今や、ヒシアマゾンは三体のモンスターに囲まれる哀れなメスとなっていた。

執行人が現れた!次レスでステ

113 : トレーナー   2024/02/19 12:26:42 ID:LARSNB9Nr.
お、そろそろ終わりかな?とりあえずローションとホールの準備してパンツ脱がないとな
114 : 相棒   2024/02/19 12:28:19 ID:LYoUVvInAw
HP8攻撃力63防御力87
「…さ………3人で、囲むたァ…どういう了見だい…タイマンで、かかってきな…!」
言葉で必死に強がるヒシアマゾン。だが、今彼女は好きに身動きが取れない状態で異性に囲まれるという状況に…不安と、恐怖を覚えるのであった。

115 : アンタ   2024/02/19 17:54:26 ID:IwEgxWqTm6
動けるようになるのは2ターン後か・・・それまでに快楽値攻撃来なきゃ大丈夫だけど、無理じゃろ・・・。

あとは30くらい食らって抜けるとか・・・。
116 : ダンナ   2024/02/19 22:57:41 ID:fnX2R6XUps
アマさんは物理的な攻撃には強いけど快楽攻めには弱いのか
まんまじゃないか
117 : トレぴ   2024/02/21 11:55:55 ID:grl6x86XGI
執行人の攻撃!
攻撃値47-防御力148=0(身動きが取れず反射できないため)

「く……来るなッ…!来るんじゃ、ないよッッ…!」
後先のことを一切考えられない抵抗。恐怖による八つ当たり気味な抵抗は、恐怖によるストレスも相まって疲労をより加速させる。目の前の2体にだけ…もっと言うのであれば、近づいてきた執行人1人に抵抗を全力で行っているために彼女の疲労は凄まじい勢いで溜まっていくのであった。

118 : あなた   2024/02/21 12:36:39 ID:grl6x86XGI
処刑人の自傷陵辱!次のターンのダメージが3倍になる代わりに1D100で出した数値の2倍の快楽値ダメージ!90×2=180の快楽値ダメージ!
ヒシアマゾン快楽値244

「い゙ッ…!?足殴るんじゃッ…あ゙━━━━━━♡♡♡♡♡♡???」
バタバタしていたヒシアマゾン。当然下半身も暴れ狂っていると言ってもいいくらいに動かしていたが、その足は処刑人に器用に一撃ずつ入れられて怯んでしまう。
そして、その隙を見計らい………一気に入れられた。

「ッ━━━━━━━♡♡♡♡♡!!!!???!!?!?!」
声が出せないほどにガクガクと腰を震わせるヒシアマゾン。頭の中は一気にはち切れてしまい、壁越しという見えないという背徳感が彼女の何かを昂らせ壊していく。

「ゔッ………♡!あ゙ッ…♡!?」
目は白目を向き、蕩けた顔とまるで犬のように露出された舌は彼女が一気に終わらされた事を知らしめていた。だが、処刑人にはそんなことは関係ない。彼女が入れられた瞬間に達して壊れたことを察しながら、更に壊すために一気に動き始める。

119 : お前   2024/02/21 12:37:06 ID:grl6x86XGI
「お゙ッ♡♡!!お゙ぉ゙ぉ゙ッッッ♡♡♡!!!」
獣の様な唸り声…突かれた衝撃は壁越しの上半身に通じているのか、まるで2人の執行人を誘うかのようにその胸を揺らしていた。胸の突起は大きくなっており、彼女の褐色の肌に映える薄い色の突起は執行人達をより昂らせる。

「ぉ゙んッッッ♡♡♡♡♡!!??」
犯している処刑人が、ヒシアマゾンの臀部を叩く。大きな炸裂音に近い音が響くが、それに対してヒシアマゾンは嬌声で吠えていた。それが楽しいのか、スパイスになるのかは分からないが…更に追加で叩いていく。

「ぉ゙あ゙ッッ♡♡♡♡!ぎッッ♡♡♡♡!!!ぼぉ゙ッッッ♡♡♡!!ぉ゙ん゙ッ♡♡♡!!」
炸裂音と反応するかのような嬌声。それに伴い、処刑人のモノを入れられているヒシアマゾンの中はかなり締めつけを強くしていた。唾液はあまりの快楽で飲み込めず垂れた舌からダラりと地面に垂れていく。まるで我慢のできない犬のようであった。

「お゙ぉ゙ッッ♡♡♡♡!お゙ぐ゙ッッ♡♡♡!ゔぉ゙ッッ♡♡♡!!」
締め付けが強くなるに連れて、その快楽も強くなっていくのかあっという間に処刑人は限界が近づいていく。そして、一切の躊躇も我慢もなく…その中に吐き出そうと……ヒシアマゾンの中のさらに奥の部屋の入口に━━━━━
120 : トレーナーちゃん   2024/02/21 12:37:12 ID:grl6x86XGI
「ご゙ッッ♡♡♡♡♡!!!?!?!ん゙ぎ゙ぃ゙ぃ゙ぃ゙ぃ゙い゙い゙ぃ゙い゙い゙ぃ゙ぃ゙ぃ゙♡♡♡♡♡♡♡!!!!?!?」
━━━━━自らのモノを無理やりねじ込み、奥の奥へとその欲望を吐き出した。それで少しはマシになったのか、処刑人はヒシアマゾンから自らのモノを一旦抜いて距離を取った。

「ゔ…ぁ゙…♡」
ダラりと自らを拘束してる壁にもたれ掛かるような感じになりながらも、ヒシアマゾンは余韻に浸っていた。だが、快楽という甘い物づくしの偏った地獄は彼女をさらに蝕んでいく。

(カレンチャン、キタちゃんの時と同じように拘束解除まで終わらないのでまだ続きます)
121 : マスター   2024/02/21 12:40:18 ID:IOpyNIdNE2
高防御力だったのにキタちゃんと同じ運命か・・・。
122 : あなた   2024/02/21 14:18:15 ID:0g5jCpUyOc
あっ…終わった…
案外呆気なかったっすね…(白目)
123 : 貴様   2024/02/21 14:19:40 ID:0g5jCpUyOc
また処刑人のコレクションが1人増えたな…
これで3人目かな?(デジたんさくのカレン含めるなら4人だけど)
124 : お兄さま   2024/02/21 18:25:31 ID:mP/Y1Uyc.6
快楽値にダイレクトアタックはやっぱりきついな……とはいえこのアマさん堕とす方法なんてそれくらいしかなかったけど(もしくはゴルシみたくボスクラスからワンパンとか)
125 : 終わりなのに来るの2度目だよ!   2024/02/22 11:53:49 ID:01.wrXWD1Q
9ターン目(拘束6ターン目、これで終わり)
「お゙ッ…♡あ゙ッ…♡」
ガクガクと震えているヒシアマゾン。そんな彼女を囲む三体のモンスター。しかし、その三体のモンスターに…さらにもう一体追加が入る。

執行人が現れた!次レスでスレ

126 : アンタ   2024/02/22 12:06:01 ID:01.wrXWD1Q
HP78攻撃力99防御力83

「はぁッ…♡!はぁッ…♡!」
執行人は既に堕ちている獲物に対して、自らのモノをその情欲の昂りを表すかのように怒張させていた。それは、獲物を堕とそうという目ではなく…どう味わうかという目であった。
それに対してヒシアマゾンは……ただ、物欲しそうな顔をしているだけなのであった。

127 : トレーナー君   2024/02/22 12:13:33 ID:01.wrXWD1Q
執行人の自傷陵辱攻撃!ヒシアマゾンに44の快楽値ダメージ!
ヒシアマゾン快楽値288

「ん゙ぶ゙ゥ゙っ♡!」
執行人はヒシアマゾンの口に自らのモノを入れ…いや、どちらかと言えば勢いだけで言えば『ぶち込んだ』と言ってもいいほどに無理やり入れていた。
タダさえ脱力し、飲み込めず垂れ流しになっていた唾液が執行人が口を犯すことによりさらに分泌され、モノを通じて口からこぼれていく。

「んぶッ♡!じゅぶッ♡!じゅる、れろ…♡!」
それに対して、ヒシアマゾンは無意識に舌を絡めて相手に媚びていた。味わい、そして奉仕する喜びを無意識に味わってしまい、彼女はよりいっそう壊れていく。
だが、まだ…拘束が解かれ完全に自由になるまでこの蹂躙は続くのである。

128 : そういや3人目の執行人は行動しません   2024/02/22 12:26:38 ID:01.wrXWD1Q
処刑人の自傷陵辱攻撃!与える快楽値ダメージ2倍!
70×2=140の快楽値ダメージ!ヒシアマゾン快楽値428

「ん゙ぶ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙♡♡♡♡!!」
口を犯されながら、処刑人にまた後ろから犯され始めるヒシアマゾン。涙を流す程に強い快楽で脳を焼かれながら、色々なものを漏らしていた。だが、口での奉仕は辞めることが出来ず、そして入れられた以上勝手に体が締め付けてしまい嫌でも形を感じ取って快楽をその分受け取ってしまうのである。

「ゔぉ゙ッ♡!お゙ッ♡♡!!ゔゔゔゔゔゔゔッッッッ♡♡♡♡!!」
ガクガクと腰を揺らし、絶頂に絶頂を重ねながら蕩けた顔を晒すヒシアマゾン。普段は姉御基質で面倒見がよく、そして誰が相手でも怖気付かないその態度は見る影もなかった。
言葉を発することはなく、ただ男に媚びていく雌となってしまっていた
。最早、この姿を見てヒシアマゾンへの憧れを捨てられないものはいないかもしれない。そう思えるほどに無様で背徳感のある状態と成り下がっていた。
だが、それさえもモンスター達にとってはただのスパイス。堕ちた雌を味わうために……ただ、腰をうちつけ自らの情欲をぶつけていくのであった。

129 : トレぴ   2024/02/22 19:57:57 ID:JQ3OzI.DwU
今更だけど牧場エリアの他モンスターって鞭とか首輪とか色々使ってるけど執行人処刑人って特にそういう武器とか道具使ってる描写ないけどコイツら下半身の剣()一本で戦ってるのか……?
130 : トレーナーさん   2024/02/23 00:13:51 ID:UzmFUbEVLY
そもそも処刑人って何する人なんだ……?
いやナニしてるんだけどさ
131 : 処刑人は素手、何をしているかと言われたら人生を終わらせる(意味深)仕事です   2024/02/25 12:13:33 ID:J6nvx8xxAI
執行人の攻撃!
攻撃値63-防御力148=0(身動きが取れず反射できないため)

「ゔゔッ♡♡♡!!お゙ッッ♡♡♡!!ゔぐ゙ぅ゙ぅ゙♡♡♡♡!!」
2人目の執行人は彼女の状態を見てニヤニヤとしていた。もう時期拘束が解除される、ならば拘束されている今よりも解除された後でやる事でもっと楽しめるだろうと踏んでいるからだ。
トロトロに蕩けた顔、発情仕切ったメスの顔が彼の情欲をさらに煽る。我慢している訳では無いが、あとからもっと楽しめる状況に対して嫌な笑みを浮かべるだけなのである。
そうとは知らず、処刑人と執行人に犯されているヒシアマゾンは白目を剥いてただただ現状を受け入れるだけであった。この後に訪れる甘美の地獄が、彼女をもっと堕としめるというのに。

「お゙ッ♡♡♡!!お゙ぉ゙ッ♡♡♡♡!!ん゙お゙お゙お゙お゙お゙お゙お゙お゙お゙♡♡♡♡♡♡♡♡!!!!!!!」
そして、中に出される。白濁液が彼女の口から穴から溢れ出し…ヒシアマゾンは絶頂に達すると同時に気を失ってしまう。そして、彼女を拘束していた壁は解除されて、彼女は投げ捨てられるように地面に落ちる。

「あ゙……♡」
まるで潰れたカエルの様な体勢だが、散々に使い倒されたヒシアマゾンは今からも使い倒される。なので、執行人達はヒシアマゾンを担いで…どこかへと連れていくのであった。

BADEND

132 : つーか63じゃなくて35だった…どこ見てたんだろ   2024/02/25 12:17:03 ID:J6nvx8xxAI
(ヒシアマゾンのBADEND書いたら後どうするかちょっと考えます。それまでsage進行で
もしかしたら安価投げるかもしれませんが、反応無かったら多分このまま畳みます。無論安価もsageで投げます)
133 : お兄さま   2024/02/25 14:34:02 ID:0LH0VFbros
>>132
自分はイッチの判断を尊重する

ひっそり続けても良いし、このまま畳んで忘れた頃に全年齢仕様のGTB(GagTrapDungeon)にリメイクしても良いし
134 : モルモット君   2024/02/25 19:17:46 ID:QAPnF0JEfg
>>132
まあ、あの通達でてるから、あんまり無理しない方がいいと思う。

むしろpart4まで行ったのが奇跡みたいなもんだしな。
135 : トレーナー   2024/02/26 12:24:03 ID:jktUCqSHgM
「あ゙ッ♡!ゔぉ゙♡ッ!い゙、ぐ゙ッ…♡♡♡!!!」
エリアのどこか。激しい打ち付け合う音と、響き渡る雌の声。執行人2人に挟まれ、圧迫されるような体勢でヒシアマゾンは二穴を犯されていた。後ろと前、持ち上げられながら同時に犯されることで感じたことの無いほどの大きな快楽を得てしまい、堕とされた時以上に堕ちぶれていた。

「お゙ぉ゙ッ♡!あ゙ッ♡♡!!い゙ぃ゙ッッッ♡♡♡!!ん゙お゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙♡♡♡♡!!!」
『獣に服はいらない』それを示すかのように既にヒシアマゾンは身に纏うもの全てを失っており、直に肌で力強さを感じていた。自らの前を犯している執行人に足も手も背中に回すかのように抱きついており所謂『だいしゅきホールド』の体勢となっていた。

「お゙ぉ゙♡!あ゙ッ♡♡♡!!え゙べぇ゙♡♡!!」
まるで拡張するかのように激しくされているヒシアマゾンは、最早姉御肌な所は無くなってしまっており……見る影もない『雌』へと堕ちていた。この様子では、例え戻れたとしても元のヒシアマゾンに戻ることは出来ないだろう。たとえ記憶がなくなっても、体や脳に培われた本能レベルでの経験は彼女を確実に壊して変えているのだから。

「ゔッ♡♡♡!!お゙ッッッ♡♡♡!!お゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙♡♡♡♡!!!」
そして、中に情欲を放たれるヒシアマゾン。大量の白濁が彼女の中を埋め尽くすが……まだ、終わりではなかった。執行人達は器用に体勢を変えて、前の穴を犯していた執行人はうつ伏せに…後ろの穴を犯していた執行人は膝立ちとなっていた。
そして新たに…処刑人がヒシアマゾンの眼前に自らのモノを突きつけた。
136 : トレーナー   2024/02/26 12:24:37 ID:jktUCqSHgM
「あ…♡ん゙ぐ゙ぉ゙ぉ゙♡!!!」
そして、先の2人は抜かずの2回戦…処刑人はヒシアマゾンの口を道具のように犯し始める。大きいのが喉まで犯し、それでもなおヒシアマゾンは嘔吐きながら快楽を得ていた。既に彼女はどこを犯されても快楽を得てしまう体となっており、それは性感帯では無いはずの喉であっても同じことであった。

「ゔぼッ♡♡♡!お゙ぉ゙ッ♡♡♡!え゙ん゙ッッッッ♡♡♡♡!!」
白目を向き、ガクガクと腰を震わせ、そして様々なものを漏らしているヒシアマゾン。よく見れば褐色の肌には白濁の後が乾いて残っており、彼女に対する凄惨な仕打ちが見て取れる。だが、その証はヒシアマゾンが堕ちて…未だに堕ち続けている証でもある。

「お゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙♡♡♡!!お゙ッ♡♡!ゔぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙♡♡♡!!」
快楽に吠える。雌の顔以上に蕩けた顔は、正しく『牝犬』と言っても過言では無い程の堕ちっぷり。それと共に締めつけや無意識的な舐める行為が彼らを興奮させ、情欲をより昂らせる。溜まった情欲は再び吐き出そうと執行人達の動きをもっと激しくさせる。そして、その限界は……すぐに訪れる。

「ん゙ぶ゙お゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡!!!!!!!!!!!」
前後の穴に、そして口に。一気に彼らの情欲の白濁液が放たれてしまい、飲みきれない…入り切らない量がヒシアマゾンから溢れ出る。そして出されたと同時に達したヒシアマゾンは色々なものを漏らしていき、その余韻で意識を失ってしまう。
137 : トレーナーちゃん   2024/02/26 12:24:46 ID:jktUCqSHgM
「お゙ッ……♡!!ぁ゙━━━━━━♡」
3人のモンスターが抜いた途端、溜まってたものが一気にヒシアマゾンはから溢れ出る。とめどなく流される白濁液はいつの間にか周りにいたモンスター達の情欲に火をつける。意識を失っているヒシアマゾンの周りをモンスター達は囲み━━━

「━━━━━━お゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙♡♡♡♡!!!???!!?!」
また、ヒシアマゾンを犯し始めるのであった。陵辱による狂宴は、まだ……終わらない。

BADEND41女傑ヘノ逆襲
138 : お姉ちゃん   2024/02/26 12:26:44 ID:jktUCqSHgM
褐色には正直ぶっかけたいよね、なヒシアマゾン編でした。結局牧場エリアのキルレ高かったなぁ……
とりあえず例の通達があったので一旦安価は飛ばしません、このまま畳むかもです。

……正直ジェンティルドンナが癖に刺さり過ぎて辛いね
ではまた
139 : トレーナーさま   2024/02/26 13:33:09 ID:uKmEUPcp4.
うっ・・・ふぅ。ごちそうさまでした

>>138
あれほどエロス映えする身体は滅多にないからね、しかたないね
今までありがとう。イッチのセンスならエロなしトラップダンジョンも行けるんじゃないかと思ってる
140 : お兄さま   2024/02/26 17:38:55 ID:g6RNkTuYaY
>>138
お疲れ様でした。

まあ、例の通達はいずれ出そうだったからなぁ・・・。

part3で夢オチのアイディア出たから夢オチエンディングをここに書いてもいいですかね?
141 : アナタ   2024/02/26 20:12:13 ID:V9/cNAl08U
>>140
sage進行でならどうぞ
後は何をするでも無いスレなので…
142 : お姉さま   2024/02/26 20:16:27 ID:g6RNkTuYaY
>>141
コッショリは自重してないという謎・・・。

ETDのEさえ抜けば別スレでもやれるけどE抜くとゲームオーバー時どうするの?というジレンマ・・・。
143 : トレーナー君   2024/02/26 22:30:38 ID:24ZWlYaTE2
>>142
まぁコッショリは推定スレ主不在なんで一言スレに近いのもあって1人1人が察して気を使うようなもんですしおすし…
まぁダンジョン系だとアウトなの全部外さないといけないのでそれならもう別ゲー考えた方が早い気もしますがね…
144 : トレーナー君   2024/02/26 22:41:11 ID:g6RNkTuYaY
>>143
ですよねー。

ほぼ無限探索ですしおすし。
145 : お前   2024/02/26 22:42:01 ID:g6RNkTuYaY
やばっ、ミスってあげちまった・・・すまん・・・
146 : お姉ちゃん   2024/02/27 02:25:23 ID:ScQk6Be5Fc
>>145
人とは時に間違うものなので気にしないでいいのです
147 : 全部夢オチend   2024/02/28 21:18:33 ID:EkGKIu4MlQ
ネイトレ(女)「うーん・・・ネイチャが・・・。」

ナイスネイチャ「トレーナーさん、トレーナーさん!!
起きてください!!」

ネイトレ(女)「・・・ネイチャ?
ネイチャ!!」

ナイスネイチャ「おわっ!?
いきなり抱きつかないでくださいよ・・・どうしたんですか?」

ネイトレ(女)「・・・なんか怖い夢を見てたような・・・忘れちゃった。」

ナイスネイチャ「なんですか、それ・・・💧
それより、今日はウマネストで・・・。」

ネイトレ(女)「!!
う、ウマネストはダメ!!」

ナイスネイチャ「?
どうしたんですか?
昨日は張り切ってましたのに・・・。」

ネイトレ(女)「とにかく、今日は普通のトレーニングをするの!!
いい!?」

ナイスネイチャ「は、はあ・・・。」

ナイスネイチャとネイトレ(女)は歩いていく。

今まで起こった出来事が夢だったように歩いていく。

ウマネストETDで起きた全てのことはネイトレ(女)の夢だったのだと・・・。

ウマネストETD夢オチend
全て全ては夢の中・・・。
148 : トレーナーちゃん   2024/02/29 01:54:45 ID:QlTocRpZ8I
快楽度を引き継いだまま元の世界に帰るハッピーエンド(?)だけでも正直見てみたかったが…お疲れ様です

名前 (空白でランダム表示)
画像 ※JPEG/PNG/GIFのみ。最大サイズ合計: 8MB



画像は3650日で自動削除する
コメント スレをTOPへ (age)

※コメントは15行まで
※画像などのアップロードの近道 : http://imgur.com/
※コメント書き込みの前に利用規約をご確認下さい。

- WebPatio -